ホーム > 節分会

~節分会~

祈願案内・各種祈願行

節分会

本命星 と 当年星 

「人は星のもとに生まれる」といいますが、 人にはそれぞれ、生まれた年によって定まる「本命星」というものがあります。真言宗では、北斗七星を形成する七つの星(貧狼星、巨門星、禄存星、文曲星、廉貞星、武曲星、破軍星)を「本命星」といいます。これは使用する暦の違いであって、人は生まれた年によって七つの星のいずれかが定まります。
この「本命星」は一生変わることのない星ですが、 星にはもう一つ年々巡って来る「当年星」というものがあります。 この「当年星」は、九曜という九つの星(羅睺星、土曜星、水曜星、金曜星、日曜星、火曜星、計都星、月曜星、木曜星)から成る星で、 その年の吉凶を判断する星とされています。

節分会 星祭 とは

人は皆生まれた瞬間に定められた星があり、その気を受けています。また年月日ごとの星の気も受け、それらは人の運命を司り、幸不幸を左右するものであります。星は年月日ごとに移り変わり、人それぞれ異なりますので、人の吉凶は皆同じではありません。
特に当山におきましては、霊験あらたかなる本尊観世音菩薩にご家族の 開運厄除祈願、節分星祭大護摩を厳修し、厄病悪鬼を追い払い、七難即滅、七福即生、出世開運のご祈願を奉ります。

観真寺の節分会星祭

御祈祷の後、参拝者自ら内陣に登り、住職のお加持を受けて御本尊の御宝前に於いて一年の無病息災・開運吉祥を祈念します。
その後、信者自らが御本尊様にお供えしたお菓子や餅などを、各自で撒いて厄払いをします。
厄払いする方も、福を招く方も大変賑わい、ダンボール箱一杯で帰る方がいるほどです。

祈祷札・御守り

→詳しくはお問い合わせください。 祈祷札・御守り

寺子屋体験

経典(主に般若心経)を書き写す「写経」、仏を書き写す「写仏」、法話を聴きながらの「座禅」。日頃のストレス解消や、集中力を補うにも効果があります。午後二時頃より弘法大師の供養を行いますので、書写した経や仏画を奉納してお参り頂いても結構です。

寺子屋体験料+奉納料 一巻 1,500円~

●所要時間 写経 一時間~二時間 写仏 二時間程度
●開催日時 毎月 21日(午前十時~十二時頃)
※道具・用紙はこちらでご用意致しますので、手ぶらでお越しください。
pagetopへ